2カ月でなんと骨折2回!崖っぷちカーセールスライターの左手ブログ!

もう、車業界に身を置いて、22年になります。「カーセールスライター」というのを最近始めて、もう20数件のお仕事をさせて頂きました。ですが、7月に右足かかと粉砕骨折、10月1日に右肘開放骨折。セールスライターであり、現職の職人でもあり、車業界20年にして最大のピンチを迎えた最近、始めたブログです。こののび太のような状況を笑い、車業界などの話しを中心に楽しんで下さい!

本当に年中無休でした、、。

新年、明けましておめでとうございます。

ついに、当ブログも3年目に突入です。

これも、一重に賢明な読者様のおかげです。

感謝しております。

 

毎年、年始めの正月の時期になると、

私が最初に勤めていた、ジムニー専門店を

思い出します、、。

 

店のモットーは、

 

「本当に365日、年中無休で店を開けて、

ジムニーファン待望の専門店にする」

 

でした、、。

 

ですので、私も勤めていた時期は、

当然正月は出勤でした。

 

毎年、正月三が日に初詣に行ったことは

ありませんでした…。

 

まぁ、1月の4日、5日には休みをもらえるので、ちょっとピークが過ぎた辺りに、人も少なくなった神社に初詣に行っていました。

 

その1月1日、出勤していて、店は開けていましたが、ほとんどお客様は来ません。

 

「当店が、正月の三が日も開けていることが、お客様に伝わっていないんじゃ!?」

 

そんな気持ちになるぐらい、お客様は来ず、1日暇でした、、。

 

(何のために店を開けているのか!?意味があるのかな??)

 

そんな中、夕方に一件のお客様が

来店されました、、。

 

「ブレーキが効かなくなったので、

点検して欲しい」

 

との事でした。

 

早速フロントタイヤ周りから点検してみると、何か違和感がありました。

 

お客様のジムニーは、車高が上がっていて、

ホイールも社外品に換わっていたので、

フロントのブレーキ周りがよく見えました。

 

タイヤを外して点検すると、すぐに違和感

の正体が分かりました。

 

なんと、ブレーキのパッドがありません、!

 

お客様に聞きましたが、先程まで

近所の河原で、泥々のオフロードを走っていたようで、、、

 

泥の中にタイヤを半分以上入れて、

さんざんもがいて走った挙げ句、

そのまま帰っていたら、

ブレーキが効かなくなったと、、。

 

このお客様は、毎回ジムニー

このようなオフロードで使い、

そのまま帰っていた様子、。

 

そしてついに本日、

ブレーキが効かなくなった様子、、。

 

念の為、後ろのタイヤも外して、

ブレーキの点検をしました。

 

案の定、ブレーキドラムの中は、泥々…。

 

まずは、後ろのブレーキドラムの中を、

スチーム洗浄、、!

 

このままでは、後ろのブレーキも

作動不能になってしまいます。

 

そして、問題のフロントブレーキ。

 

ではなぜ、ブレーキパッドが無くなったのか??

 

泥が固まって分からなかったのですが、

実は、、、

 

ブレーキパッドが減りきって完全に

無くなっていたのです、、!

 

それでもブレーキを踏み続けるので、

パッドの裏の鉄板が摩擦に耐えかねて、

飛んで行ったと推測されます、、。

 

しかも、泥を流さずにブレーキを踏んでいた為、ブレーキディスクも傷だらけに、、!

 

本日、元旦に私達が店を開けていなければ、

お客様はブレーキが効かないジムニー

大事故を起こしていた可能性もあります…。

 

お客様には、「元旦の本日、店が開いていて良かったですね~」

 

と一言、言いました。

 

本当に、私がジムニー専門店に勤めていた

当時は、ジムニーをオフロードを走る為だけの道具だと勘違いされているお客様も多かった、、。

 

確かに、ジムニー国産車の中では、

格段にオフロードを走れる車ですが、

ノーメンテナンスで走れる訳ではありません

 

岩場をむちゃくちゃ攻めて、ボッコボコの

ジムニーとか、泥ぬたの中を走って洗車も

せず、泥だらけのジムニーとか、ちゃんとメンテナンスしましょうよ、、。

 

洗車をして、メンテナンスや整備をして、

初めてジムニーは、オフロードで最高の

パフォーマンスを発揮するのです、!

 

この無頓着なお客様には、

本当に店が元旦に開いていて良かったと

言いましたが、、、

 

本当は、ジムニーをこよなく愛し、

メンテナンスや整備を抜かりなく行う

良いお客様に来店頂きたかった。

 

ジムニーはむちゃくちゃに泥ぬたを

走る為だけの道具ではありません。

 

岩場をボッコボコになるまで攻めて、

これ以上ないぐらいに凹んだジムニー

カッコいい訳ではありません。

 

元旦や正月休みを利用して、

はるか遠方からご来店頂いたジムニーファン

と語らい、何かメンテナンスをしてもらう。

 

こんなお客様との出会いがあれば、

本当に年中無休を貫いて、元旦に店を開けて

いる意味もあるのですが、、。

 

もう、私が店を辞めて15年になりますが、、

今年もやはり、元旦に店を開けていました。

 

 

 

朝早く、こっそり母社を見に行けば、、!?

ジムニー専門店皆様、久しぶりの更新になります。

 

先日、朝早く起きたので、こっそり母社(母校)を見に行きました。

 

真夏に 新型ジムニーが発売され、

ジムニー専門店である母社がどう

対応しているのか、気になったからです。

 

最近は朝も冷え込んで、朝露の下りる中、

展示場を見渡しました。

 


f:id:kamax8430:20181217160602j:image


f:id:kamax8430:20181217160624j:image

暗くて分かりにくいかもしれませんが、

新型ジムニーシエラのリフトアップ車が

店の表に展示してありました。

 

これは、シエラの中でも上級グレード車を、

サスキットだけ換装してリフトアップされた

モカーだと思われます。

 

我が母社は、前回のジムニー発売の時に出遅れていた為、今回は先に「サスキット」から

開発したのでしょうか??

 


f:id:kamax8430:20181217161105j:image


f:id:kamax8430:20181217161128j:image

 

f:id:kamax8430:20181217161149j:image

もちろん、軽自動車である、通常の新型

ジムニーも置いてありました。

 

こちらは、リフトアップのサスキット、それと、ココオリジナルのホイールセットも装着していました。

 

今回の新型ジムニーは、ノーマルでも十分に

デザインが良いので、オリジナルホイールもよく似合います、、。

 

暗い中、下回りも覗きましたが、オリジナルのコイルサス、ショック、ラテラルロッドが見えました。

 

どうも、まだマフラーは入っていない様です

 

これからの開発に期待しましょう、、!

 

とは言え、やはり最新型のジムニーをカスタムして、いきなりオフロードに持ち込めますか??

 

ちょっと、現実的ではないと思います、、。

 

やはり、昔から、ジムニーでオフロードを

責める場合は、「旧型」!「幌車」!

 

ここはセオリーではありませんか、、!?

 


f:id:kamax8430:20181217162619j:image

f:id:kamax8430:20181217162641j:image

f:id:kamax8430:20181217162704j:image

最初のJA11幌車はそういった用途にちょうどいい感じ。最近はプレミアが付いてきたのでしょうか?下のSJ10は値段も高く、オフロードに持ち込むには直接ちょっと勿体ない。

 

f:id:kamax8430:20181217163000j:image

このSJ30辺りが 一番現実的ではありませんか??しかし、バンでノーマル。ある程度カスタムしないと、オフロードでは遊べません。

 

もう、ジムニーは骨董品の扱いなのでしょうか!?最近特に思うのが、幌車は総じて高く、こういった古いSJ10、SJ30もかつての何倍も値上がりしている、、。

 

オフロードに行くためのオモチャ、道具ではないんだなぁと、つくづく感じました。

 

もう、そうした用途にジムニーを使うのは、贅沢な遊びなのでしょうか?

 

相変わらず値下がりしない、逆に古い年式のジムニーは値上がりしている現状に、ちょっと寂しさを感じました、、。

 

どうせ高いなら、骨董品的な、エポック的なアイテムとしてジムニーに乗るのなら、こんなジムニーは如何でしょうか??

 

f:id:kamax8430:20181217164226j:image


f:id:kamax8430:20181217164252j:image


f:id:kamax8430:20181217164312j:image

そう、海外仕様の「サムライ」です、、!

左ハンドルなのがお分かりですか!?

 

日本では、乗りにくい車ではありますが、

希少性、プレミア性から言っても、抜群です。なかなか日本でお目にかかれない、値打ちのある「サムライ」です、、。

 

その分、お値段も高いですが、

これは購入される方の、価値観によるもの。

どっちかと言えば、ガレージに飾っておく車なのかもしれません…。

 

f:id:kamax8430:20181217165035j:image


f:id:kamax8430:20181217165100j:image

この型式は、間違いなく、最終型の

ジムニーの「幌車」です。

 

最終型と言えど、もう20年ぐらい前のジムニーですが、全塗装をして、キレイにカスタムして、まるで新車の様。

 

これを購入して、大事に10年以上乗るか、分け隔てなくオフロードに持ち込むか!?

 

私なら、普段からこれを使って、オフロードは林道止まりにしましょうか??

 

本式にトライアルレースや、本気のオフロードチームに参加してしまっては、この車がボロボロになっていくのは目に見えている。

 

この希少性を守るためにも、購入される方は大事に乗ってもらいたいものです、、。

 

その為か分かりませんが、価格は決して安くない。軽自動車の新車が買えるラインです。

 

上記の「サムライ」もそうです。ワゴン系の軽自動車の新車の価格ですね。

 

軽自動車の新車を買って、数年間で乗り換えるか、これらの希少なジムニーを買って一生持ち続けるか、それは、あなたの価値観次第。

 

明らかに、最新型の軽自動車のワゴン車の方が、乗りやすく、燃費も良い。

 

でも、この希少性、プレミア性には叶いません。今後、乗りながら買い取り価格が上がっていく可能性だってあります。

 

この「ジムニー」という変わった車は、その人気が故に、いつまでも値落ちのしない車。まぁ、年式によれば、今底値で買える型式のジムニーもありますが、私が狙っていた幌車、旧型は値上がりする一方です、、。

 

構造がシンプルで、頑丈なジムニーはなかなか廃車にならない。十数人オーナーが代わっている車体もあります。

 

こんな記事を書きながら、久々にジムニーのどれかを欲しくてたまらなくなっている

自分がいます、、。

 

 

 

 

彼女がいないなら、車を買おう!?

まだ彼女が出来ないあなた。

現在独身で、彼女がいないあなた。

もしくは離婚をして、現在独り身のあなた。

 

もし、あなたが、就職されていて、

現在収入があるなら、、

 

「車を買おう!」と言いたい、、。

 

独り身にぴったりなのは、、

 

なんと言っても軽自動車、、!

 

最新の軽自動車は便利過ぎて高いので、、

中古車で十分です!

 

予算を決めましょう。

そうですね、例えば50万円としましょうか?

 

おすすめは、10~20年前くらいの軽自動車。

 

何故ならば、今一番底値で安いから、、。

 

でも、どうせなら、自分好みにカスタム出来る車種がいい。

 

例を挙げましょうか!?

 

〇スズキ ジムニー・・・私が一番得意な車種ですが、これが一番いじれて楽しい!

上記の予算なら、現在平成10~15年くらいの年式のジムニーが底値です。カスタムパーツは数えきれないぐらいあります。これを、自分好みの、元とはまるで違う車に仕上げて、週末に山や温泉に向かいましょう!

 

〇スズキ カプチーノ・・・もうデビューは25年以上前の車種ですが、今だに根強いファンがいるのも事実。特にエンジンチューンと足回りを極めれば、下手くそなスポーツカーをカモれる様になります。週末レースに出て、腕を磨きましょう!

 

ダイハツ エッセ・・・元々はミラ・イースの先祖にあたりますが、燃費が抜群に良い!構造も単純で、これをベースにとことんカスタムして、ジムカーナやラリーに出ている強者もいる!夢が広がります!

 

ダイハツ テリオスキッド・・・今安いです!ジムニーの対抗馬として約20年前にデビュー。足回りも本物で、林道ぐらいなら軽く走れます。あとは4ドアなのも便利。頑張ればファミリーカーとしても使える、、!?

 

〇三菱 パジェロミニ・・・この車種も、現在安いです!かつては170万円以上したのですが、今は底値ですね。「パジェロ」と名を打つからには、車体の作りはクロカン四駆。カスタムすれば、海外ラリーに出られるぐらいのポテンシャルを秘めています。あとは、デザインの良さ!見た目にバランスが取れていてカッコいい!アウトドアへ向かうなら、ベストチョイスでは!?

 

〇スバル サンバー・・・トラックもバンもあるのですが、なんと「スーパーチャージャー」搭載モデルがあるのです!これが、「農道のポルシェ」と言われる所以。ノーマルでも十分速いですが、少し車高を上げて、本当にオフロードでも対応出来る様にカスタムすれば、痛快な走りが楽しめます。知り合いのお父さんは、なんと歴代のサンバーに乗り継いできた程のサンバーマニア。これ程魅力のある商用車は無かったので、絶版車になったのが惜しい、、。

 

〇ホンダ ビート・・・もう30年近く前の車種ですが、その楽しさは今だ現役!2人乗りで、エンジンがシートの後ろにあるミッドシップ!軽自動車で、この唯一無二のコンセプトは、現在の「ホンダ S660」に引き継がれています。この予算なら、なるべくビートの高年式を狙って、自分専用スポーツカーに仕立てあげましょう!

 

〇スズキ アルトワークス・・・出来れば平成10年以前、旧規格のモデルが狙い目。数々の賞レースに輝いた実力は伊達じゃない。現在でもレースカーとして使われていて、中古パーツも豊富。その昔、各地の峠道で、この車に乗って名を馳せた名人も多い。

 

〇ミラ アヴァンツァート・・・アルトワークスの対抗馬。平成6~9年辺りの旧規格車種。とにかく以上に速い!レースカーのベースとしてもよく使われました。今では珍しい4気筒ターボエンジン、よく回ります!プレミアが付きそうなので、この予算なら今のうちに、、。

 

〇スバル ヴィヴィオ RX-R ・・・国内ラリーレースなら、クラスで一二を争う人気車種!車体のバランス、スーパーチャージャーのエンジン、4輪独立サスペンション、この贅沢な作りは、本物のレーシングカー。手軽にラリー気分を味わうなら、この車種以外に無いでしょう!

 

と、まだまだご紹介したい車種はたくさんあるのですが、、。

 

あなたの興味を引いた車種がありましたか?

 

特に各メーカーの尖った車種をピックアップしましたが、こんな尖った車種が堪能出来る時期が、、

 

「彼女がいない、独身の今しかない!」

 

からです、、。

 

本当に大都市圏にお住まいの方は難しいかもしれませんが、ちょっと郊外にお住まいのあなた、今しかない!買いましょう!

 

人生において、こんな尖った車種で遊んだ思い出は、一生消えることはありません。

 

私も、20代の青春をジムニーに捧げました。

 

バカかもわかりません。無駄かも分かりません、、。

 

でも、免許を取って間もない、20代のあなた、、

 

お金が自由に使える今こそ、尖った軽自動車を買いましょう!

 

人生が充実します。もし、男の子のお子様が出来れば、ちょっと自慢出来ます。

 

男たるもの、何か夢中になるものが必要、!

 

それは、何でもいいのですが、私は断然安い軽自動車がおすすめです!

 

上記に挙げた車種は、各メーカーが、本気でレースに参戦出来るぐらいの性能を開発したものです。

 

その証拠に、アマチュアがレースで表彰台に乗った事実のある車。

 

今ではもう古い車かも知れませんが、今の車にはない、隠れた魅力のある車種ばかり。

 

あなたも、週末部屋でスマホばかりしているのなら、上記の様な車を買って、

 

どんどん出掛けましょうよ!

 

1日の半分ぐらいは、車の事を考える様に

なります。

 

この車に対する想いを、女性に向けられる様になれば、彼女が出来て、結婚できるかも知れません。

 

私がそうでしたから。

 

やはり、若い、独り身の男子には、

車に乗ってもらいたい、、。

 

どこが、「アウトレット」!?

私の住む地域にも、ついに業界最大手が

進出してきました、、。

 

f:id:kamax8430:20181120205503j:image


f:id:kamax8430:20181120205525j:image


f:id:kamax8430:20181120205546j:image

 

分かりますか??

ガリバーアウトレット」です、、。

 

よくある、買い取り店の「ガリバー」の

店舗ではなく、ガリバー系列の販売チャンネルである、「ガリバーアウトレット」です。

 

まだ大阪でもあまり見たことの無いこの、

ガリバーアウトレット」。一見、安そうな

印象を受ける名前ですが、実際はどうなのでしょうか??

 

f:id:kamax8430:20181120210159j:image


f:id:kamax8430:20181120210222j:image

皆様の印象は如何でしょうか?

私は、「高い」と思いました、、。

もうすぐ5年落ちになりそうな

「ホンダ ヴェゼル」。

 

確かにハイブリッド車で、走行距離も少ないのですが、この価格なら、もっと良い車が買えそうです。アウトレット感が微妙、、。

では、次の車。

 

f:id:kamax8430:20181120210500j:image


f:id:kamax8430:20181120210535j:image

昨年モデルチェンジして、ぐっとカッコ良くなった「マツダ CX- 5」。この車は、先代の最終型辺りでしょうか?

 

走行距離からして、「新古車」の扱いになりそうですが、やはり先代の型式。ちょっと古い感じは否めません、、。

 

この価格なら、他の車種の新車を考えますね。もしくは、残りをローンして、現行型の

CX-5」を頑張って買うとか!?

 


f:id:kamax8430:20181120211741j:image


f:id:kamax8430:20181120211800j:image


f:id:kamax8430:20181120211822j:image

 

出ました!アウトレット感がある車が!

また「ホンダ ヴェゼル」ですが、

左側のヘッドライトと、バンパーにかけて

結構な擦り傷があります、、!

 

でも、この価格。あまりお得感を感じません。もし、この車の購入を考える方は、当然バンパーは鈑金するでしょうし、左側のヘッドライトも交換するでしょう。ざっと20~30万円はかかるでしょうか!?

 


f:id:kamax8430:20181120212749j:image


f:id:kamax8430:20181120212804j:image


f:id:kamax8430:20181120212828j:image


f:id:kamax8430:20181120212843j:image

流行りの軽自動車2台です。

しかし、「高い」、、!

上の「スズキ スペーシアカスタム」は新古車という事なのか、新車に近い価格。

 

下の「ホンダ N-BOX 」は66000kmですよ!

人気色でもないし。諸費用込みで110~120万円。あなた、買いますか??

 


f:id:kamax8430:20181120213544j:image


f:id:kamax8430:20181120213608j:image


f:id:kamax8430:20181120213630j:image


f:id:kamax8430:20181120213643j:image

何故か高い、「トヨタ アクア」と「トヨタプリウス」、、。

特にプリウスは、先代の型式です、、!

走行距離は少ないですが、年式は5年落ち。

最近、どこの中古車店にも、この「プリウス」は置いてますが、他店がいくらで売っているか、ご存知ないのでしょうか??

 


f:id:kamax8430:20181120214228j:image


f:id:kamax8430:20181120214240j:image

確かに新車価格は高い、「トヨタ ランドクルーザー」、、。でも、顔は2世代前の年式、もうすぐ6年落ちのこの車に総額300万円出すのは如何なものか、、?

 

とても若い世代が買えないこの車。

もし、無理して買っても、何か古い感じがしてしまうのはどうでしょうか、、!?

 


f:id:kamax8430:20181120215300j:image


f:id:kamax8430:20181120215312j:image


f:id:kamax8430:20181120215323j:image


f:id:kamax8430:20181120215333j:image

 

年式は5~6年落ちの「トヨタ アイシス」と「トヨタ シエンタ」。しかし、基本設計は十年以上前の2台です、、。

 

それにしては高くないかい!?この2台。

年式とか、走行距離の少なさとかあるのでしょうが、私はちょっと買いません、、。

 


f:id:kamax8430:20181120233753j:image


f:id:kamax8430:20181120233806j:image


f:id:kamax8430:20181120233826j:image


f:id:kamax8430:20181120233842j:image

やっと、お買い得な2台を発見しました!

しかし、よく考えると、この2台、他の

中古車店でも安い車種です、、。

 

特に下の「ニッサン ジューク」なんかは、モデルも古いし、他店よりも高い印象…。

本当にお値打ちな、目玉車種は無いので

しょうか??

 

店舗の規模は、この辺の地域ではダントツに

大きいです。在庫車両の数も多い。

 

ガラス張りの商談ルームもかなり広い。

壁も床も真っ白で、とにかく明るい!

 

ですが、確かオープンは7月下旬。もう寒くなる季節に突入しましたが、今だに店内がお客様で賑わっている場面を見たことがない。

 

苦戦していると思います、、。

 

何故でしょう??

 

皆様、ある程度理由は分かりますか??

 

「総じて価格が高い」からです、、。

 

業界最大手だから、店舗が大きくて広いから、在庫車両が多いからって、売れません。

 

お買い得車も、目玉車も、何もない。

 

「アウトレット」というだけの

理由が無かった。ただ、それだけです…。

 

やはり中古車店は、若い世代や、庶民の

味方であるべきです。

 

特に新車が高くなっている最近、これは安い!お値打ち品だ!という様な車を1台、2台置いて欲しかった。

 

高い車は高くて良いのです。それだけ価値があるのだから。

 

ですが、やはり年式の割りに、走行距離が少ない割りに、この価格は安い!という様な目玉も必要ではありませんか!?

 

「どこがアウトレット!?」と率直に感じた

ガリバーアウトレットでした、、。

 

 

 

 

 

 

 

スポーツの秋、ですね、、。

皆様、スポーツの秋、ですね。

スポーツしてますか??

 

私も、自転車に乗るのを再開しました。

そう、サイクリングです。

 

昨年は、この自転車を乗っている時に、

2度事故に合いました。

 

一度目は、ある初夏の晩遅く、

家から出かけて10分後に、

車に横から突っ込まれました、、。

 

そして2度目は、右足のかかと粉砕骨折

リハビリにこの自転車を使っている時に、

急に子供が飛び出してきて、

避けるために急ブレーキを掛けて転んだ所、

まだ満足に右足が付けずに

右肘から地面に激突!

 

その結果、「右肘開放骨折」です、、。

 

このブログのタイトルにもなっています…。

 

そんな曰く付きの自転車に、

なかなか再び乗る事が出来ず、、

ずっと玄関先に放っていました。

 

「何処か御払いにでも行こうか!?」

「もう一旦手放そうかな??」

 

色々悩みましたが、それも気持ちの問題!

最近太ってきた事もあって、

またサイクリングをこの自転車で

再スタートする事にしました!

 

もう、夜に乗るのは止めました、。

昨年さんざんケガや事故をしたからです…。

 

久々に自転車に乗ると、、

まぁ、しんどい、、。

 

特に坂道がしんどい…。

 

ですが、最近は秋晴れの日も多く、

気持ちが良かった~。

 

f:id:kamax8430:20181111180613j:image


f:id:kamax8430:20181111180632j:image

ここは南大阪のサイクリストのメッカ、

南河内サイクルライン」です。

 

皆様のお近くにも、こういった

サイクルロードはありますか??

 

ここは、南大阪の石川沿いにある、

全長約20kmの自転車道路です。

 

信号も無いし、平坦だし、

飛ばすサイクリストも多い!

 

所々子供が遊んでいる公園もあるので、

私は程々のスピードで走行しました。

 

f:id:kamax8430:20181111181323j:image


f:id:kamax8430:20181111181447j:image


f:id:kamax8430:20181111181512j:image


f:id:kamax8430:20181111181526j:image

ご覧の通り、バリバリのロードバイクではないので、それほどスピードも出ません。

 

どちらかというと、MTB寄りの自転車です。

 

このサイクルロードは、途中砂利道のコース

もあるので、私の乗っている様な自転車には

ちょうど良いのです、、。

多少のグラベルロードも走れる。

 

f:id:kamax8430:20181111182022j:image


f:id:kamax8430:20181111182040j:image


f:id:kamax8430:20181111182054j:image


f:id:kamax8430:20181111182114j:image

ここは、色々な人々が利用しています。

ラソンランナーもいるし、

公園で遊んでいる子供もいるし、

杖をついて歩いているお年寄りもいる。

 

名目は「サイクルライン」なので、

自転車道路ではありますが、、。

 

ここをひたすらロードバイク

飛ばしているサイクリストも多い。

 

本当に事故が無いのか心配になります。

 

最近のロードバイクは、

本当に軽く、

本当に速くなっています。

 

高度な技術、軽量で剛性の高い素材による

進歩でしょう。

高価な自転車も増えてきた。

 

その性能を遺憾無く発揮したいのか、

ラソンランナーや杖をついて歩いている

高齢者の間を、障害物を避けるかの如く、、

 

合間を縫って走り抜けているサイクリストも

目立ちました、、。

 

何かに取り付かれたかのように、

前だけを向いて、スピードを

緩めることもなく走り抜ける…。

 

もし、高齢者にぶつかったら、、

公園で遊んでいる子供とぶつかったら、、。

 

こういう事は想像しないのでしょうか、、?

 

「サイクルライン、自転車道路だ。サイクリング以外の利用はするな。障害物になる」

 

とでも言わんばかり、、。

 

昨今の健康ブーム、スポーツブームで、

サイクリストも増加の一途。

 

無謀なサイクリストも、社会問題化しつつ

あります。

 

子供とぶつかりそうになり、避ける為に

転んだだけの私が、、

打ち所が悪く、「右肘開放骨折」ですよ!

現在も「人工骨」は右肘に入ったまま、、。

 

それでも、人にぶつかってケガをさせたり、

最悪死亡させたりしなくて良かったと思います、、!

 

免許が要らず、子供でも乗れる自転車ですが、高価な、性能の良いロードバイクは、

 

車やバイクと変わらない「凶器」なのです!

 

それに、「サイクルロード」は、

「自転車専用道路」ではありません。

 

様々な利用者と共有出来るように、

安全な速度で、歩行者や子供達を

擁護しながら、

サイクリングを楽しんで

もらいたいものです、、。

 

 

 

PS.最後に、当日は本当に天気も良く、

清々しい気分で帰る事が出来ました。

素晴らしい夕焼けを見ながら、、。

 

f:id:kamax8430:20181111232139j:image


f:id:kamax8430:20181111232202j:image


f:id:kamax8430:20181111232235j:image


f:id:kamax8430:20181111232248j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしい写真が出てきました、、。

懐かしい写真が出てきました、、。

私が20代半ばの頃の写真です。

 

f:id:kamax8430:20181103214323j:image


f:id:kamax8430:20181103214505j:image

 

まだジムニー専門店に勤めていた時代です。

 

最近は入れなくなったと思いますが、京都の木津川沿いに、ある有名な泥々のオフロードコースの様になった場所がありました。

 

その名も、「流れ橋」、、。

 

そこを走っている時の写真です、、!

 

そこは本当に木製の橋がかかっていて、大雨で木津川が増水したときなどは、過去に本当に流れて行ったそうです。

 

だから、「流れ橋」…。

 

丸太で組んだ、ノスタルジックな外観もあり、よく時代劇のロケ撮影の舞台なんかにも

使われたりします。

 

さて、その「流れ橋」の橋脚をくぐると、半分水の溜まった泥ぬたのオフロードコースが広がっていました。

 

仲の良いお客さんが、この場所が大好きで、

よく仕事の終わった時間に呼ばれたのです。

 

仕事はだいたい20時に終わるので、大阪からこの「流れ橋」までは、どんなに急いでも1時間半ほどかかります、、。

 

それでも現地へ行って、夜な夜なこんな泥ぬたのオフロードを駆け回ります。

 

また、水の溜まった堀が深い!

 

自慢のジムニーも、すぐにスタックします。

 

ですから、ここは単独で来るのは禁物。

 

必ず数台で来て、お互いに助け合わなければコースを出られません。

 

あっちこっちでスタックしたジムニーを助けたと思ったら、今度は自分がスタックする。

 

まぁ、「牽引ロープ」の休まる暇が無い!

 

ただ、この泥ぬたのコースをむちゃくちゃ走って、スタックしたら引っ張って、痛快極まりない!

 

走った後の爽快感!こんな事が出来るのは、「ジムニー」というクロカン四駆に乗っているから。

 

仲の良いお客さんと、仕事終わりに「流れ橋」に集まって、夜な夜な泥々のオフロード三昧、、!

 

ジムニー専門店に勤めていた、20代の私の青春でした。

 

合言葉は、「今晩、飲みに行く?」ではなく、「今晩、飲まれに(泥に)行く??」でした、、。

 

恥ずかしい話し、私が今の嫁と初めて出会った場所も、ここ「流れ橋」でした、、。

 

仲の良いお客さんが、ジムニーも、オフロードも知らない若い女の子を連れてくるというので、私も良いところを見せようと、いつも以上に気合いを入れて走りました、、。

 

ですが、私の格好は、いつも通り「つなぎに長靴」、、。

 

嫁の、私の第一印象は、

 

「どこの農家のおっさん??」

 

だったそうです、、。

 

まさか同じ20代の、1つ年上の男だとは…。

 

当時の20代の男性と言えば、いしだ壱成とか、河合我聞などが代表格。

 

ジムニーと、泥ぬたのオフロードにはまっていた私は、同世代の男性とは程遠い格好をしていました、、。

 

日付が代わる時間までこの「流れ橋」でオフロードを堪能し、深夜1時頃洗車場で泥を流し、そこから1~2時間仲間達と語り合う。

 

家に帰るのはもう朝方の3~4時頃。

 

次の日も仕事ですよ!でも、次の日がちょっと眠たくても、しんどくても、やはり誘われれば現地へ行ってしまう。

 

若かったですね。今じゃ出来ません。

 

私の20代は、本当にジムニーとオフロードと仲間達でした、、。

 

そんな活動の中で撮った写真を、年賀状に採用し、よく友達に、

 

「相変わらずの様子ですね」

 

と言われたものです、、。

 

今回は、懐かしい写真が出てきたので、

自分の過去を振り返ってしまいました。

 

こんな特殊な20代を送った人間も珍しいと

思いますが、こんな私でも、今では家庭を持ち、二人の子供を育てています、、。

 

 

 

 

 

運動会の季節ですね、、。ただ帰りは!?

今日はちょっと車のコンテンツを置いて、、

 

たった今、運動会の場所取りに

並んでいます、、。

 

もちろん、我が子の為です。

 

もうかれこれ5~6年並んで来ました。

 

私の地域は、大阪府の中では

南端にあり、結構田舎なのですが、、

 

子供達の学校は地域で一番人数の多い学区。

 

運動会には、子供達の親世代、またその上の

祖父、祖母世代まで見に来るので、

 

3世代が観覧出来るだけの場所取りを

しないといけない、、。

 

観覧席の場所取りと、昼の弁当席の場所取りと、2ヶ所必要です。

 

皆様も、場所取りの経験がありますか??

 

会社の花見席だとか、バーベキューの陣地

だとか…。

 

私は最長で、前日の晩7時半から

並んだ事があります、、。

 

さすがにこの年は最前列に観覧席を

確保出来ました!

 

ただ、後ろに何列も色々な家族のレジャーシートが並べてあるので、

 

ちょっとトイレとか、ちょっとビデオ撮影に

移動する時は大変です、。

 

しかもこの時期、並んでいる夜中は真冬並みに寒いのに、

 

いざ夜が明けて、運動会が始まると

日射しが真夏の様に暑い!

 

この温度差が体にこたえる、、。

 

よく体調を崩し、運動会明けの月曜日、

仕事でもいつもの半分くらいしか

力が入りません…。

 

何故こんなに並ぶ必要があるのか、?

 

子供達の学校には、珍しく

「テント席」が設けられているのです、!

 

この席を、各子供達の親が、

取りたい訳です。

 

皆、ポップアップテントと、フォールディングテーブルを抱えて、

 

朝6時の開門に合わせてダッシュするのです、!

 

これで、年一回の運動会の一仕事が終わり、

お父さん達は、確保したテント席で

運動会を一日中観覧します、、。

 

正にバーベキュー気分。

そして、運動会が佳境に入ってくると、、

 

「プシュッ!」

 

ビールを開けるお父さんも、、。

 

ノンアルじゃないですよ!?

ちゃんとアルコール入りです、、!

 

こうしたちょっとマナーの無いお父さん達を狙っている団体がいます、、。

 

ここからいつもの車関係!?の話を。

 

その団体とは、、?

 

そうです、「警察」です!

 

学校の周り、帰り道の路地裏に、

警察の方々が潜んでいます、、。

 

バカなお父さん達が、運動会で呑んでいるにも関わらず、帰りに車乗って帰るのです!

 

家が近いからとか、こんな休日に

警察は居ないだろう、とか…。

 

そして、帰り道に何台か車が検挙されていました。さっき運動会で居たようなお父さん達が、、。

 

せっかく子供達が頑張って運動会を終えたのに…。

 

せっかく今から、運動会のご褒美に、

子供達と外食するとか、風呂に行くとか…。

 

このブログを読んで頂いているあなたは、

違いますよね!?

 

お子様がいても、大人として、

こんな恥ずかしい行動はとらないですよね!?

 

こちらは、田舎ならではの、

元ヤンキーが多いとか、祭りやだんじり

集まりで、イチイチ酒が振る舞われるとか、

とにかくイベント毎に呑むことが多い、、。

 

昔からの悪しき伝統で、そういう機会に呑んで、車を運転して帰る、、。

 

地元の警察も、こうした行動をとる

お父さんが多い事は承知しているのです。

 

で、毎年の様にイベントの帰りに捕まる。

 

運動会でも、夏祭りでも、だんじりでも。

 

特に運動会では、子供の見てる前で、

飲酒運転で捕まる、、。

 

何故家に帰るまで、呑むのを我慢出来ないのか、理解し難い。

 

いい加減、大人として恥ずかしい行動は

止めませんか??

 

今年こそは、我が子の晴れ舞台である

運動会を観覧して、

家に帰って呑んで下さい。

もしくは、歩いて帰って下さい。

 

今だに無くならない、私の地域の

恥ずべき伝統です、、。